スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナラノツバサ

やぁやぁ,観てきましたよ!「劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」
前売りが2枚綴りだったので調子に乗って1回目・2回目連ちゃんで観てきました.
まぁ,徹夜で行ったので2回目は途中寝てましたw 隣の人も寝てましたwww
とりあえず,16番目に並べました.全体的には,そこそこの人出で,前売り第3弾よりは少なかったです(入場後は知りませんが・・・w).

まず,立て看板があったのでパシャ!
立て看板
後は予定通りパンフレットを購入して,コンボBOXはなかったので,代わり?にポストカードを買っときました.
パンフ表 パンフ裏
ポストカード1 ポストカード内容物
で,2回分の半券があったのでここから一枚もらいました.
クリスタルプリント_デカルチャーブックマーク
当然シェリル!白黒シェリルは前売りであるので,ウェディングドレスVerにしました.全7種ってコンプには14回見ないといけないんだね・・・,鬼だなw

以下ネタバレ
スポンサーサイト
スポンサーサイト

あぃまぃみぃ!

最近やっと我が家にもBDレコーダーが導入されたので,今まで撮り溜めたビデオの整理をしていると,昔のアニメが大量に出てきましたw
まぁ,片づけしてる時のアルバム的なノリで見ちゃうわけですよww で,あまり知名度が高くないアニメなので,思わず布教活動を・・・

作品は「あぃまぃみぃ!ストロベリーエッグ」.「大丈夫、青春」の名のもとに2001年にWOWOWで放送されていました.私は本放送1回,地上波放送1回,録画1回と今回で4回目の視聴となりました.
まぁ私自身は青春からは遠く離れてしまっているわけですが,視聴後は甘酸っぱい感じなれます.この頃は,アニメが大量生産されていた時期でしたので,一部でガッカリ作画があります(2話・8話辺り).が,それを差し引いても本当の勉強って?先生と生徒って?青春って?を教えてくれる良い作品だと思います.
ストーリー的には,男が女装して中学教師をするという,「いや,教育者としてどうなんだ?」って感じですがw ひびきちゃんが所々でエロい(艶やか?)です.最後の方になると,響も色っぽくなりますw(男なのにw).後,藤緒は髪下した方がカワイイです^^

しかし,何と言ってもこの作品のミソはOP「Dearest」にあります.全13話はこのOPの為にあると言っても過言ではありません.カヴァー曲ではありますが,三重野瞳さんが想い人への気持ちをしっとりと歌い上げています.最終話を見た後にOPを見直すと,風子の響の気持ちとが相まって泣けてきます.まぁ,要所要所で突っ込みどころもありますが,未視聴の方は是非!^^
あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ TV-BOX [DVD]あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ TV-BOX [DVD] (2007/02/23)
渡辺明乃,増田ゆき…
商品詳細を見る

ちなみに1:「樟葉」「三条」「深江」「梅田」など登場人物の名字が一部の人にはわかる法則?がありますよ.
ちなみに2:OPの原曲,沢田聖子さんの「親愛なる人へ」は親交の深かった村下孝蔵さんを悼んで作った曲です.この曲は,あなたとはもう会えないけれど私はもう大丈夫だよ,と故人へと伝えるための鎮魂歌だと思います.心にジーンと染み入る素晴らしい曲ですので,こちらも是非聴いてみてください.

ハウル・・・

金曜ロードショーで「ハウルの動く城」を初めて見ましたー.

感想は・・・意味がわからんかった,以上!w
まぁ,横で流れてただけだからって言うのもあるのかもしれないが,「何で??」が満載でした.

最初の方に出てきた妹っぽいのはどうなったんだ?
何でソフィは時々戻るの?
おかん何でソフィ売ったの?
ソフィの髪は何で戻らなかったの?
マルクルって何者?
ハウルって何者?  ・・・などなど

分からんことだらけでした>< もっとよく見ろって?そんなにがっつり見る気にもならなかったです.
何だか非常に残念な気分になりました・・・.

気分を切り替えよう!明日からアリエッティーの公開だ.これにかけようw
後,東京だと明日から「赤毛のアン」の劇場版が公開されるそうですね!知りませんでした>< むしろこっちの方が気になります!大阪は24日からなので大人しく待ってます^^

終わりがあれば・・・

今のところ唯一見ていたハガレンが終わってしまいましたが,今期は何と久々にリアルタイムで見たいと思うアニメが!?

ということで,昨日AT-Xの見れる友人宅で「スクデッド」こと「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」を見てきました!

OP・ED共に良い感じで,内容にリンクした感じの詞が良かったです.(「崩れた感情の果てに何を見る何がある」とか「忘れないで私の声を」とか意味深ですねぇ)
本編は原作忠実な感じですが,こんなの地上波で流していいのだろうか・・・w
声の方は冴子さんとかがまだ出てきていませんが,全体的にすぐに馴染めました.コータに少し違和感を覚えましたが,まぁその内慣れるでしょう.

内容は人間の剥き出しの本性がみられるパニックホラーです.人がどんどん死にます.表面的な人間関係なんてクシャクシャに丸めてゴミ箱ポイです.群衆が止め絵で臨場感が無かったりしますが気にしないw 原作が佐藤ショウジ先生なのでGOODおっぱいアングルですw Niceパンツアングルもありますw まぁメインはそこじゃないので,人の絆がどうなっていくのかを見守りましょう.

んで,一つ気になることが.このアニメどこまでやってどうまとめるのでしょうか? 原作もすっごい途中なのに・・・

ハガレン終わっちゃったねぇ~

今日で「鋼の錬金術師」が終わってしまいましたよ~><
凄い思い入れがあったりするわけではないので,大した感想もありませんがw

まぁ何にしても漫画の方が完結して,漫画踏襲型のアニメも終了したことでハガレン完結!・・・と思いきや,最後に「映画化決定!」の文字が!何か表示が一瞬でしたが,内容が気になりますねぇ.最近の流れとしては,全編再編集+新作映像ちょっととか? 個人的には荒川先生監修で,その後のエドとアルとか見たいですけど.

後半になるに従ってパンピー?なアームストロング少将の出番が少なくなったのが残念ですね~.

ハガレン

録画していた先週と先々週(33,34話)のハガレンを見ました.
いや~,豊口ウィンリーがいなくなって,唯一の心のオアシスのホークアイ中尉(根谷さんも折笠さんもグーですw)も大総統付になってあんまりでてこなくなりそうだ・・・.と思っていた矢先,何たる僥倖すばらしいキャラが! 「オリヴィエ・ミラ・アームストロング」いいですねぇ.この女王様気質たまりませんww

しかして,何だか聞いたことのある声だと思いつつ思い出せずにスタッフロールを見ていると,「そうだ!副長だ!」と一瞬で思い出しましたw 何の副長かというと,「ヴァンドレッド」です.いやぁ,副長も良かった(しかし,まさか「」だとは・・・w).
久々に「沢海陽子」さんの声を聞いたので,どんな作品に出ていたのだろうと思ってWiki を見てみました.知っているのは「キャメロンディアス」と・・・,「神秘の世界エルハザードのディーバ」,そうだ!? ってこれもまた古い・・・w まぁ,昔から好きな声だということが分かりましたw 後同じような声(キャラ?)では,「小山茉美」さんもいいですねぇ.ハガレンだと,ピナコの若い頃の声でした.どちらも聞けるなんて・・・ハガレンナイス!w 小山さんは,「BLACK LAGOONのバラライカ」や「サイレントメビウスの磯崎真奈」,「DRAGON BALL Zのランチ(変身後)」とかいいですねぇ.

ハガレンが楽しみになりましたw
(完全に趣味を晒しただけになってしまった気がするが・・・気にしない!いつものことだ!w)

朝っぱらから観てきました!

ってわけで,朝もはよから「劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」を観てまいりました.
8時からの上映で7時40分くらいに着いたのですが,立ち見でした・・・><
シネ・リーブル梅田,狭すぎです.しかも,段差もあまりついていないので,席についていたら観辛かったのではないでしょうか? そういえば,以前「ラーゼフォン」の映画を見に行った時も立ち見だったような・・・.しっかりとハコの情報は確認してから行きましょう.

内容はネタばれ含みますので以下で

よろしくお願いされました?

ってことで(どういうことだよw),やっとこさ公開から3カ月弱たってからサマーウォーズを見てまいりました.
平日の昼だし,公開から時間も経っているしで観客は10人強ってところでした.
内容は,いやー良かったですね♪ 所々で漫画の方がいいなぁと思う所もありましたが(最初,佐久間にジャンケンで負けたところとか,佳主馬のスポンサー契約とか,佳主馬の少林寺の練習のタイミングとか),終盤はかなりグッときましたね.世界中の人が,自分のアバターをベットしてくれ言ったところ辺りが最高潮だったと思います.左隣と後ろの人は泣いてたし,前の人は5回目という話からもその良さが窺えます.
あの感じは映画館ならではなので,まだ行っていなくて機会があれば,よろしくお願いします!

クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者

やっとクイーンズブレイド本戦?が始まりました.
ここからクイーンを決める戦いが幕を開けるのですねぇ.

相変わらずナナエルが前に出てきてますがもう気にしない.
ニクスはやっと出番ですね.何か一人で悶えてる怪しい人ですw
1話1戦でいくと話数が足りない気がするので,途中で適当に端折るのでしょう.

まぁ前作からほとんど時間も経ってないし普通に続いている,といった感じですね.
と言うことで,視聴決定!

気付けば早3ヶ月・・・

前回の記事から早3ヶ月みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?w

もう夏休みも後1日という所でふと記事を書いてみようかと・・・
って書くことがないΣ

まぁ,春~夏にかけてのアニメの感想でも.(順番に意味はありません)

YOU CAN (NOT) ADVANCE.

いやぁ,よかったです,「EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」.

梅田のブルク7,初回公演に行ってきました!5時におきて,6時過ぎに家を出て,7時ジャストに到着しましたが,189番目でした・・・(皆頑張りすぎですw エヴァ人気恐るべし・・・)

30分ほど並んで,パンフなどを購入し,いよいよ開演.

中身には触れませんが,物語は「ロケット鉛筆」VS.「シャーペンの芯(針?)」から始まり,もう後はただただ怒涛の展開で,TV版を見ていない人も楽しめると思いますが,見た人はもっともっと楽しめると思います.「え,ここで!?」とか「え,何で!?」とか「ア○○ーー!!」など見所満載でした.少しでも興味のある人は是非見に行ってください!

まぁ,残りはいつも通り買ったものでも・・・

FRESH・・・

「VS騎士ラムネ&40 FRESH」も見終りましたよ.何故FRESHが批判を受けまくっているかの理由が分かりましたw
OVAということでエロというのはベタながらあかほり作品だしアリだと思うのですが,パフェはほとんど全裸だし,カカオも途中で脱ぎだすし,何と言うかエロというよりアホ?w 更に偽ラムネスがSで女性はMというすばらしい設定・・・.
そして,エロと双対を成すのがシリアスって.ラムネシリーズの十八番なおバカはどうしたー! 何だろう,パフェとカカオとPQが出ててラムネっぽいんだけど,全くラムネじゃないっていうこの作品は・・・.
名誉の為に力を求め,正義の名の下に人を殺し,愛というお題目があれば何でもありと言う人のエゴをブチまけた感じだけど,ダークな感じのものばかりで全然ラムネっぽくなかったです(炎のダメなとこばっかり集めた感じ?w ).私的にはむしろ,最終話にネタで入っていた次回予告の「VS騎士ラムネ&40 FRESH Lemon」の方がおバカな感じがして見てみたいですw

まぁ,FRESHは置いといて,また新しいラムネシリーズやらないかなぁ.私的には初代ラムネスの話がみてみたいんですが,こっちもかなり話がシリアスでラムネっぽくないんだろうなぁ・・・w

久しぶりに・・・

とりあえず,「VS騎士ラムネ&40炎」見終わりましたよ.作業しながらだったので所々抜けてますがw
第一印象はやっぱり画質わりーなーですw 何というかビデオ画質? まぁ,元々そんなに期待してなかったんですがね.
全体としては,懐かしい補正もかかってかなり楽しめました.ただ,若干話題が多すぎた感がありますね.VSでラムネを締めるつもりだったようで,色々な疑問とかを解決していくと26話では少なすぎたようです.しかし,NGよりも存在感の薄くなったダ・サイダーとラムネスとの掛け合いなどは面白かったです.
NGの方が終始明るくて面白い,という感想をNG好きな人は持っているようですが,まぁ確かにそうですね.ただ,初代ラムネスから続く悲劇のループを断ち切るというストーリーをベースに持ってきているので,それも致し方ないかと.

後は愚痴・・・
改めて見て思ったのは,2代目ラムネスと聖なる三姉妹の出番すくねーw 見せ場ほとんど無くて気づいたら石化・・・,そしていつの間にか復活してるという,かなり扱いがぞんざいでしたね.
次は,以前にも書きましたが,VSは「あいつが来たんだよ!」「え、誰?レスカ?」「じゃなくてぇ!」「ミルク?」「じゃなくてぇ!」「ダ・サイダー?」「じゃなくてぇ~!」「ラムネだぁ~っ!!」というパフェとカカオの掛け合いで始まります.ところで,最後に「ラムネだぁ~っ!!」と言っていることから「ラムネ」が来たと思うのですが,「ラムネ」っていうのは2代目勇者ラムネスの本名であって,ラムネスの通称じゃないんですよね(3代目の本名はラムネードだし).ってことは,パフェとカカオは2代目を待ちわびていたことに・・・?
もう一つ,ブラックラムネスの声が高い・・・w 全然威圧感を感じなかったよ.やはり,結城比呂(現:優希比呂)さんは少年系しか(ry そこで思ったのが,ミト役の森久保祥太郎さんと逆だったら良かったんじゃないかなぁと.ま,今更しかも私みたいなのが言っても仕方ないのですが.
最後に,これは内容とは関係ないのですが,映像特典くらいつけて欲しかったなぁと.本当に本編だけしか入ってないので,余韻というかそういうのが無かったです.各巻最後にチャプター画面があるのですが,これも凄く汚かったというか遣っ付け丸出しでした.ビデオのジャケットをそのまま貼り付けただけっぽいです.しかも,ブロックノイズとモスキートノイズのオンパレードで・・・.

後本当に最後に,OPのバロン三姉妹が超かわいかったです^^ 特にチェロとトランペットがナイスでした!残るはFRESHかぁ・・・.

第一回!

さぁ,記念すべき第一回ですよ~.タイトルは何がいいかなぁ・・・.
ここは,最近見た「天地無用!」にしましょう(シリーズ物で回数が稼げるんだw ).まぁ,ものすごーく今更感がありますがw

さて,というわけで第一回は「天地無用! 魎皇鬼」です.こちらの作品は,1992年~2005年まで発売されたOVAシリーズで,第1期~第3期まであります.ってわけで,今回は1992年~1993年に作られた第1期に絞りたいと思います.
OP(オープニング)・歌:なし       OP(オープニング)・絵:☆☆☆☆★
ED (エンディング)・歌:☆☆☆★★  ED (エンディング)・絵:☆☆☆★★
本編・絵:☆☆☆☆☆ 本編・ストーリー:☆☆☆☆☆
内容:1~6話+Specialという構成になっていて,1話~4話までは天地ファミリー大集合なお話です.5,6話では本シリーズでの敵とのバトルとなります.Specialは,第一期と第二期をつなぐお話で,「柾木家」の日常みたいな感じです.詳しくはこちらとかをご覧ください(天地系のHPはたくさんあるので探せばいぱーい出てきます).

感想:まず,舞台が岡山ってところがいいですねw 適度に田舎でなく都会でなく(こんなこと言ったら岡山の人に怒られる?).舞台はそんな中でも田舎なところです.でも,基本は岡山なのですが,話は一気に宇宙に飛んでったりしますw そう,実は宇宙活劇なんですね.
1話~4話まではドタバタ劇で,これぞ天地無用!って感じで面白いです.
1話では,主人公である「柾木天地(まさきてんち)」が自分のことを「鬼」だと言ったことに腹を立てた,宇宙海賊の「魎呼(りょうこ)」が,天地君の学校を全焼してしまいます.天地君は後に自主退学・・・,不憫なことです.
2話では,魎呼と銀河系最強の軍事力を誇る「樹雷(じゅらい)」の第一皇女「阿重霞(あえか)」がケンカ?をして,2人の宇宙船が墜落,瀬戸大橋を破壊してしまいますw
3話では,何も破壊されませんが,阿重霞が天地にラブラブになるお話です.以降,魎呼も含めて5人の女性からモテモテになる天地君,うらやましいですねぇ.
4話では,みなさんお待ちかね?の温泉です. パイオニア(制作会社)といえば露天風呂,露天風呂といえばパイオニアですw そこでも,魎呼と阿重霞がケンカをして,天地のおばさんが経営する旅館を大破してしまいます.また,GP(ギャラクシーポリス)の1級刑事である「美星(みほし)」さんが登場します.この方は特殊能力を持っていて「偶然の天才」と呼ばれています.まぁ何というか,結果よければ全て良しみたいな能力で,最終的にはいい結果に結びつきますw その過程が問題なのですが・・・.
というわけで,1~4話までをザッっと洗いましたが,何か壊してばっかりですねw
さて,次は5,6話はです.ここからは一転シリアス展開で,こちらも天地無用のもう一つの魅力でしょう.自称「宇宙一の天才科学者」である「鷲羽(わしゅう)」の元助手「神我人(かがと)」と樹雷の力に目覚めた天地とのバトルです.いやぁ,やっと鷲羽ちゃんの登場です.鷲羽ちゃんかわいい! 鷲羽ちゃんプリチー! まぁ,推定年齢2万歳以上ですが・・・.オプティミストでサディストなところがイイ!w
Specialでは,白衣の鷲羽ちゃんが見れます!イイ!

そして,天地無用!の最大の魅力である謎が伏線として多く出てきます.この辺りは,第二期・第三期と見ていくと解けていくものもあれば,小説を読まないと分からないものもあったり,はたまた原作者の梶島正樹氏の同人誌を見なければ分からないもの,結局氏の頭にしかないものと大小様々です.でも,その謎を考えながら見るのがおつな物で,分かったときの爽快感?みたいなのもいい感じです^^ ただ,現在進行形ではないので,その後の展開についてワクワクしながら待つということができないのが残念ですね.

うぅむダラダラと長くなってしまった・・・.まぁ,誰か1人でも最後まで読んでくれて,これを参考にアニメ本編を見てくれる人がいればいいなぁ,と思ったり・・・.
本日のお天気

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

わん太

Author:わん太
やること一杯あるのにブログを始めた愚か者です.
紹介できることなんてないしがない○学生ですわ~

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー



この検定に挑戦する
ブログ内検索
詠む人々
リンク
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。